menu

Repair 修理情報

AWS【リモートディスクトップがつながらない】

株式会社レッツページの宮原です。

今回の依頼は、おっと!少し驚いた内容だったので記事として掲載させて頂きます。

AWSはご存知でしょうか?アマゾンが提供している(A)アマゾン(W)ウェブ(S)サービスです。

つまり、クラウド上に必要に応じ仮想サーバーを立ち上げたりS3ストレージを設けたりとこれからの時代を先取りする画期的なサービスですが

サーバーの管理には基本的にリモートディスクトップが必須となります。今回Windowsファイアウォールの設定で3389のポートを誤って閉じた事による

トラブルです。

【稼働しているWindows2012(R2)のセキュリティーポリシーを変更していたらRDTが切断された!】←あるある事件!

理論上OSのレジストリでファイアウォールを無効化すれば良いだけなので以下手順で作業しました。

ざっくり言うと、作業用サーバーをEC2で新規に立ち上げログインできないOSの(Cドライブ)ボリュームをDドライブとしてアタッチさせ、

レジストリを書き換え元に戻す。これで作業は完了となります。

 

1、作業が行える権限を割り当てたIDでログインします。

https://aws.amazon.com/jp/

2、コンピューティングのカテゴリからEC2をクリック

3、画面上部「リソース」から〇個の実行中のインスタンスをクリックし、ログインできなくなったインスタンスを停止させる。

目的のインスタンス左のチェックボックスを選択し上部にある「アクション」からインスタンスの状態→停止を押す。

この際、間違えて「終了」を押さないように。インスタンスが削除されます。つまり仮想サーバーが「まるっと」削除される恐ろしい事態になります。。。

4、インスタンスの停止を確認したら同じ画面の下の「説明」タブからルートデバイス右側 例)/dev/sda1←このリンクをクリックします。

5、ブロックデバイスの子画面が表示されるので、この画面を念のためスマホでパシャリと写真を撮りましょう。

6、上記画面のEBS IDのリンクをクリックします。この画面は、以下からも入れます。

コンソール~EC2ダッシュボード~〇個のボリューム【現在使用中のインスタンスがあればEC2の画面上部に表示されているはずです】

7、先ほど写真を確認し、EBS IDと一致するのが6、の画面に存在しているボリュームを選択し画面上部から「アクション」~「ボリュームのデタッチ」を実行します。

これで、仮想サーバーからボリュームが切り離されました。

8、次にEC2ダッシュボードへ移動し、3、の画面(インスタンスの一覧が表示されている画面)を表示させ左上の「インスタンスの作成」を押す。(レジストリ編集用の作業マシーンを作成)

9、作成する仮想一覧(AMI)が表示されるので、WindowsOSを好みで選びます。私はWindows2008が使い慣れているので、

Microsoft Windows Server 2008 R2 Baseを選択しました。ステップ2でインスタンスタイプの選択画面が表示されますが、最低限のスペックで良いので、

上から二番目「t2.micro」で良いでしょう。「確認と起動」を押して次に表示された画面で「起動」を押せば完了です。

※若干Amazon側で利用時間分費用が発生します。

10、インスタンスの一覧画面で先ほど作成したインスタンスを3、の手順で停止させ、新たに作成した作業用マシーンのインスタンスIDの部分をスマホでパシャリ!

その後ECダッシュボードへ移動します。

11、〇個のボリュームをクリックし7、でデタッチしたボリュームを選択し画面上部の「アクション」~「ボリュームのアタッチ」を実行します。

その際、どのインスタンスにアタッチさせるか指定する必要があるので10、で撮影した写真で確認して下さい。

疲れたでしょう?ここでコーヒー飲んで10分休憩( ^^) _U~~

ここまでで概ね40%作業完了です。集中力を高め以下の作業を行いましょう。

 

12、EC2ダッシュボードへ移動し、〇個の実行中のインスタンスをクリックし、先ほど作業で作成したインスタンスを起動させます。

「アクション」~「インスタンスの状態」~「開始」その後、「接続」ボタンを押してキーペアでリモートディスクトップの

パスワードを取得し、「リモートディスクトップファイルのダウンロード」をクリックし、ディスクトップに保存します。

※もしペアキーを紛失した場合などは以下を参考に!

http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/first-login-to-ec2-windows/

 

13、次に作業用マシーンにリモート接続します。ログインしたマシーンが英語版になっている場合、以下を参考に日本語に変更するか、気合で乗り切りましょう!

https://creativeweb.jp/hosting/ec2-japanese/

http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-windows-server-japanese/

 

14、リモートログイン出来たらコンピュータでローカルディスクDが表示されている事を確認します。

Dに先ほどアタッチしたデータが見えるはずです。もし、見えない場合は、「コントロールパネル」~「管理ツール」~「コンピュータの管理」~「記憶域」~「ディスク管理」で

オフラインディスクがあると思うので、右クリックでオンラインに切り替える。

 

15、これからDドライブ(RDT接続できないOS)のレジストリを書き換えます。ここから先は、AWSに限らずレジストリ系の障害で起動しないPCやサーバーなどのHDDを別のWindows機へ

接続しレジストリを書き換える事も可能なので流用できる項目です。

DドライブからWindows\System32\config\System ←拡張なしのファイルを探します。

Regeditを起動させ、HKEY_LOCAL_MACHINEを選択した状態でレジストリエディタの「ファイル」~「パイプの読み込み」で先ほどのWindows\System32\config\Systemを開きます。

マウントするキー名を求められますが任意の名前でOKなので、「fix」等わかりやすい名前を付けましょう。

以下にわかりやすいサイト見つけましたので紹介します。

http://www.vwnet.jp/Windows/w8/hive/EditOfflineOSRegistry.htm

レジストリエディタで先ほど読み込んだ「fix」から「ControlSet001」→「 services」→「 SharedAccess」→「 Parameters 」→「 FirewallPolicy 」を開き

DomainProfile、PublicProfile、StandardProfile内のEnableFirewallの設定値を1→0に書き換え、

パイプのアンロードします。

これでファイアウォールの設定が全て無効になったので、本来のインスタンスアタッチすればリモートディスクトップ接続が出来るようになります。

 

16、ECダッシュボード~〇個の実行中のインスタンス~作業用マシーンを停止させます。「アクション」~「インスタンスの状態」~「停止」

 

17、ECダッシュボードへ移動し「〇個のボリューム」へ移動後、障害が発生していたボリュームを選択し「アクション」~「ボリュームのデタッチ」を実行します。

これで作業用マシーンにアタッチされていたDドライブの関連付けが外れアンマウントされます。

 

18、次は、本番機にこのボリュームをアタッチして作業完了となります。

17、でデタッチしたボリュームを再度選択し、「アクション」~「ボリュームのアタッチ」を実行し、表示された画面(Attach Volume)のInstanceの欄に本番機のインスタンスIDを入力し

Deviceの欄に5、で撮影した写真を確認し(ブロックデバイスに記載されている  例)/dev/sda1等入力し「Attach」をクリックします。

 

後は、本番機のインスタンスを起動させればリモート接続できるので、再度ファイアウォールの設定を手直し後

作業用として作成したインスタンスは、料金が発生するので早めに削除しましょう。

 

私の場合、作業に2時間ほど要しましたが皆さまはいかがだったでしょうか?

乱雑な記載でわかり辛いかもしれませんが少しでもお役立てるならと思い掲載いたしました。

※もし本文掲載に誤りがある場合誠にお手数ですがお知らせ頂ければ幸いでございます。

定番のコメント→本作業は皆さまの責任下で行って下さい。意図しないトラブルが発生しても当社は責任を負えません。

 

株式会社レッツページ

代表取締役 宮原義浩

 

 

2017.07.18

WidnowsXPブルースクリーンで落ちる

【XP修理依頼。XPしか動かないソフトを使いたい】

懐かしいWindowsXPの修理依頼です。

お客様はXPしか動かない高価なソフトをご利用で絶対修理をしたいと持ち込まれました。

さて分解し、状況を目視で確認します。

マザーボードのコンデンサに膨張(破損)が確認できました。

 

コンデンサの破損は「ブルースクリーン」でパソコンが落ちる原因の一つです。

さて次メモリーソケットの接触を確認します。

BIOSの画面を立ち上げメモリーを指で軽く押し画面が乱れるか?又は固まって操作が出来なくならないか?を見ます。

※今回メモリーソケットは問題ありませんでした。

次はHDDの状態を確認します。

無料で調べるツールがあるので、こちらをご利用下さい。

CrystalDiskInfo

http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

おっと。「注意」と出ました!不良セクターがあるようです。

さて。作業手順とお客様への予算枠の確定を行います。

①お客様へ連絡し、概算の予算枠を伝えます。※概算見積り

②次にHDDのイメージコピー

ハードディスクからデータが正常に取れなければマザー修理も意味が無いので先にこちらを確認します。

②データが正常に抜ければ次はマザーボードのコンデンサ交換です。

ここまで完了したら正常に動作する事を確認します。

【起動した!】

③念のためファイルの不整合防止を目的にchkdskコマンドでチェックディスクを実行

 

問題なく動作する事を確認できたらお客様へ最終価格を報告し返却です。

3日ほど経過したら、念のためお客様へ連絡しその後問題ないかを確認し一連の作業完了となります。

2017.06.01

パソコンが落ちる、突然切れる、電源が入らない。

パソコンを使っていると電源が勝手に切れるようになった。突然青い画面に英語が表示され動かなくなった。全く電源が入らなくなった。パソコンが異常に熱い。などの症状は早めにプロに修理依頼をしましょう。

お客様の中には、数ヵ月前からパソコンの電源が突然落ちるようになったが、電源を入れ直すと使えるので様子を見てた。という方をお見受けします。パソコンは人間と同じで「変だな。」と思ったら悪化する前に診断を依頼しましょう。

 

【電源ユニットの故障で突然電源が落ちる】

電源ボタンを押しても全く起動しない。途中で落ちる

電源ユニットの故障で突然パソコンが落ちたり、全く起動しなくなる事があります。パソコン操作中に突然電源が切れると、致命的な障害につながる事があるので、早めに修理する必要があります。

修理内容
途中でパソコンが落ちるようになった。「ウィルス感染」ですか?と持込みになったPCです。当社で確認すると、電源ユニットが故障しており内部を分解し壊れている部品を調査後交換しました。
修理価格
半田修理で特定の部品のみ交換の場合:13,000円~
電源ユニットの交換が必要な場合:20,000円~


【途中で電源が落ちる・ブルースクリーンになる。】

パソコンを使っていると突然電源が落ちて使えない。

この症状は様々な原因が考えられますが、最近多いのがメモリーのトラブルです。この症状でメモリーが原因だった場合(特にディスクトップ)メモリーソケット不良を疑いましょう。半田が割れ正しい信号がメモリーに伝わらない。若しくは、ソケットの接点不良です。HDDを取り外しパソコンの電源をONした状態でメモリーを左右に軽く動かす事で画面が乱れたり、ブルースクリーンで落ちるような場合はソケットの不良です。

修理内容
上記症状でメモリーソケットの接点が悪かった為、パソコンを分解しマザーボードを取り外してメモリー端子を薬品で洗浄後症状が出ない事を確認しました。
修理価格
メモリー交換が必要な場合:10,000円~
メモリー端子の半田修理が必要な場合:15,000円~
メモリー端子の洗浄:12,000円~


【熱暴走によりパソコンの電源が突然落ちる】

PCはホコリや熱が苦手!

PC内部にホコリが蓄積しCPU等が高熱になり突然パソコンが落ちる場合があります。これは車に例えるとオーバーヒートと同じで内部の部品が破損する可能性が高いので早めに修理依頼をしましょう。

作業内容
PCを分解しホコリが詰まっている部分を丁寧にクリーニング後、正常に吸排気できる事を確認して納品します。
修理価格
ディスクトップの場合:8,000円~
ノートPCの場合:10,000円~
一体型PCの場合:13,000円~


【PCクリーニングサービス】

最近パソコンが熱い。良く見るとホコリが詰まっている。などは要注意です。

パソコンは空気を吸って内部を冷やし熱を逃がす仕組みになっています。長く使っているパソコンは内部にホコリなどが蓄積し、空気の循環が悪くなる事で熱を持ち寿命を短くする原因にもなります。

作業内容
PCをお預かりし、内部を分解後ホコリなどの汚れを取り除きます。通常1~2営業日には作業を完了し納品致します。※業務が混雑している時は、多少お待たせする場合があります。
修理価格
ディスクトップPCの場合:3,000円~
ノートPCの場合:5,000円~
一体型PCの場合:8,000円~


【HDD(ハードディスク)の故障が原因で起動しない】

HDD(ハードディスク)に不良セクターが発生し正しくデータを読めない

※HDDとは、データを保管する金庫の役目をしており、呼び名はHDD(エイチ・ディ・ディ)ハードディスクやハードドライブなどと言います。
このHDDが故障するとパソコンが正常に起動できなくなります。起動途中で固まる。ブルースクリーン(青い画面に白い文字の英語が表示される)が出る、黒い画面に英語が表示されそのまま固まる。電源を入れてもランプは点灯するが全く画面に何も表示されない。などの症状が出ます。

修理内容
HDDの状態が軽度の障害であればイメージファイルを取出し新品のHDDにそのまま移し替える事が可能でその場合、修理前と全く同じ状態で使えるようになります。つまり新たにプリンター設定やメールの設定を行う必要はありません。しかし、HDDの障害が大きかった場合、新品のHDDをPCに装着しリカバリ作業(買った状態に戻す)作業を行います。
修理価格
新品のHDD交換後リカバリの場合:20,000円~
HDD→HDDへイメージファイルの移行の場合:26,000円~


【ウィルス感染が原因で起動できない。】

USBフラッシュメモリーやメール・インターネットでウィルスに感染する
ウィルスに感染する原因のNo1はUSBフラッシュメモリーです。気付かない間にUSBに感染後、挿し込むPCに次々とウィルスは被害を拡大します。

修理内容
パソコンからHDDを取出しウィルス駆除を試みます。どうしても駆除できない場合取り出せるデータのみバックアップしリカバリー後元の場所にデータを戻します。※この場合、パソコンは買った時の状態に戻ります。

修理価格
ウィルス駆除のみの場合:10,000円~
リカバリ作業が必要な場合:10,000円~

 

2017.02.22

ロジックボード水没を修理【MacBookAir】

今回は、お風呂で完全に水没したMacBookAir修理のご依頼です。

ロジックボードの基盤パターンが何ヶ所も焼け切れこれは時間がかかりそう 汗)

①まずは、分解しロジックボードを下します。

MacBookAir分解

 

 

全体的に白くなり焼けが確認されます。

今回はチップコンデンサと焼けたパターンをバイパスします。

作業が細かすぎて手が震えてきた・・・・・

2時間経過後起動する所まで確認できました~(^^)/

お客様になぜ MacBookAirと混浴しました?と聞くと。

ネットサーフィンしながらお風呂のお湯を溜めようと浴槽の蓋の上にMacを置いて

蛇口をオープン!そのまま風呂場を離れ別のことしてたらお湯があふれて蓋が浮き

Macちゃんが「どぼぉ~ん」

パソコンは風呂嫌いだからな。。。。笑)

皆さん注意しましょう!

2017.02.15