menu

WAPM-1266Rで古い機種のアンドロイドWi-Fiだけが繋がらない

レッツページの宮原です。

最近大きな施設でWi-Fi環境の整備依頼が増えてきました。

電波干渉を起こさないよう、事前調査をしっかり行い、

各フロアに5台~10台のWi-Fi機器を設置し、YAMAHAルーターでVLANを使って社内用のWi-Fiと

ゲスト用のWi-Fiを構築しています。

 

今日発生した事案で古いアンドロイドスマホだけ、Wi-Fiに接続できないと連絡があったので

早速調査開始。アンドロイド側でSSIDは見てます。しかし接続を押してもつながらない。。。。

対象Wi-Fi機器【BUFFALO WAPM-1266R】

パソコンやiPhoneは接続に問題なし※今回接続できない機種は、2.4Gにしか対応していないアンドロイド機種だけ。

  1. WAPM-1266Rの管理コンソールへログインし、詳細設定~SSID設定を開きます。
  2. 今回は2.4Gに不具合が出ているので、2.4Gの設定を編集します。
  3. Management Frame Protectionの部分を【有効(Required)→有効(Optionak)】へ変更する事で解決しました。

今回はこれで解決しましたが、Management Frame Protectionが何なのか?は、ネットで調べてみて下さい(;^_^A

2021.03.17

×