menu

「もしかして、熱落ち?」

こんにちは、セールスエンジニアの福元です。
先日、MacBook Proの17-inchを愛用されていらっしゃいますお客様が浮かない表情でご来店されました。
なにやら、Macを使用中いきなり電源が落ちる、とのご相談でした。
お預かりし色々なテストを実施していく中で、ファンをコントロールできるアプリを導入いたしまして改善。
そのアプリケーションは、”Macs Fan Control”です。
お客様のお使いのモデルは、ファンが2つ(Left & Right Fan)のタイプでした。
動作中、Macの底面に手を当ててみますと、左部分(Left fan)が主に熱を帯びているようです。
Macs Fan Controlにて、CPUの温度により回転数を上げ冷却を実施するよう設定。
すると、さっそく左のファンが、右のファンより回転数が上がりました。
CPUの温度は70度を超えることなく、40度ほどで安定し、熱落ちは改善されたようです。
この処置で改善する場合と、ロジックボードの交換をお勧めする場合がありますので、ご使用中に電源が落ちる症状が出ているお客様は当社にお気軽にお問い合わせください。
※Macs Fan ControlはMacのモデルによって任意で設定変更できない場合もございます。あらかじめご了承ください。
〈追記〉
お客様は、とあるクラウドサービスにアクセスする際に熱落ちしていたようです。
そんな、クラウドサービス。皆さんは、どちらのサービスの利用を選ばれていますか?
最近のクラウドサービスの市場シェアは、グーグルが8.5%、アマゾンが31.7%、マイクロソフトが16.8%だとか。
そんな中、今月19日に、グーグルがデータ移行サービスのアルーマという会社の買収を発表。
クラウドサービス分野で、アマゾンやマイクロソフトに対抗していくようですよ。

2019.02.24